セミナーに参加して時代の最先端を知る

セミナーを通じて学べること

>

セミナーの存在意義を考える

責任感を持って仕事に打ち込める

セミナーというのは、はっきり言うとどれほどの精度で頑張っていたかを測ることができません。
つまり、セミナーといって会社を抜けてセミナーに参加し、ぼーっとして適当なメモを持って帰ってくるだけでは会社として利益になるとは言えません。

したがって、セミナーへ参加することの意義をはっきり理解していて、責任感を持ってセミナーへ参加し、さらにそれを社員へ共有するという責任をしっかり果たしてくれそうな人を選ぶべきです。

それには、日々の仕事の取り組みや他の社員とのコミュニケーションの上手さなど、様々な点から見て判断しなければいけません。

うまく人を選んでセミナーへ派遣することで、他の社員へスムーズに共有することができ、スムーズに成果を出すことにつながります。

他の社員から支持されている

これはあまり気にしたことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、ここはかなりの重要部分です。

残念なことに、同じ情報でも伝え手が違うと、受け手の受け取り方も違います。
普段えらそうにしている上司の言葉にはやや抵抗があっても、すごく親身に接してくれている先輩の言葉には耳を傾けてくれるということは良くあるでしょう。

このように、セミナーというのは会社内での情報の共有をしなければならないため、セミナーへ行く人というのは会社内で情報の発信者になるわけです。

したがって、みんなから支持され、尊敬されている人であれば、より効率的に、効果的に他の社員へ情報を伝えることができます。
また、あの先輩のためにもこの目標を達成しようという横のつながりも生まれます。

このように、人というのは人によって左右されるものなので、誰を選ぶかというのは非常に重要な選択なのです。


このTOPICSをシェアする