セミナーに参加して時代の最先端を知る

セミナーを通じて学べること

セミナーへ参加する立場

セミナーは、本格的なものであればプロの先生が講義をしてくれるものです。
しかし、本来であれば同じ業界で競い合うほかの経営者たちに、なぜ今トップを走る人々がその技術を伝授し、ライバルを増やしているのでしょうか。

その理由のひとつに、参加費による利益を生み出すためというものが考えられます。
しかし、基本的にはセミナーの参加費は数百円から千円ほどのものであり、数十人程度のセミナーの参加者であれば、せっかく自分で生みだした技術を伝授するほどの利益は生み出せないでしょう。
したがって、参加費による利益は主な目的ではなく、副産物的な立ち位置にあると考えることができます。

では、ライバルを増やしてまでセミナーを開催する、主催者たちの意図はどこにあるのでしょうか。

それは、他の経営者にも優れた技術を学んでもらい、日本としての経営の質を上げ、世界と戦って勝ち抜く市場を作り上げるという点にあります。
中には、そういうには大げさすぎるような小規模目的のセミナーもありますが、一貫して他の経営者に優れた技術を伝え、全体のレベルアップを図るという目的は同じです。

後で詳しく述べる話題になりますが、セミナーに参加するに当たっては、役立ちそうなことを必ずメモし、会社に持って帰らなくてはなりません。
あなたがそこで学んだこと、得た知識というのは、これから世界と戦うに当たって強力な武器となるものです。
それを一人で持っているのではなく、他の社員にも伝え、会社全体で共有することでより大きな力になります。